手焼きカステラ専門店

創業当時よりつづく、生地づくりから焼き上げまでを
一人の職人が行い、今でも「手焼きカステラの専門店」
として受け継がれた技を継承しております。

初代長崎代官 村山等安

豊臣秀吉が名護屋城に留まっていた時、献上したことにはじまるという

糖庵について

糖庵

長崎のカステラは、長崎に来航してきた
南蛮船乗組のカステラ王国の人より
長崎の人・村山等安が習い、
一五九二年豊臣秀吉に献上したことに
始まるという。

秀吉は、此の南蛮菓子を大いに慶び
等安を初代長崎代官に任命している。
其の後、長崎の人達は「カステラ等安」と呼んでいたが、
時代が下ると当時は、普段容易に使用できなかった
白砂糖が充分に用いられていた事より
 「長崎カステラ糖庵」とも呼ばれていたという。

    ー越中哲也の「長崎菓子面白話」よりー

長崎カステラ糖庵ブランドが生まれた長崎は言わずと知れた、長崎カステラ発祥の地です。長崎の町並みは鎖国時代、唯一開かれた港町ゆえにヨーロッパ・中国などいろんな風情が残っています。
そんな長崎に伝わる伝統菓子「長崎カステラ」、職人に受け継がれる製法はそのまま時代を追うごとにおいしく変化し続けています。

そんな長崎カステラのルーツと言われているのが、
村山等安という人物です。文禄元年、あの豊臣秀吉が名護屋城に滞在している際に金平糖などの南蛮菓子と一緒にカステラを献上したのが長崎カステラの始まりではないかと言われています。
豊臣秀吉も村山等安のつくるカステラに感動したから、初代長崎代官の任を村山等安に授けたのではないでしょうか。

私どものカステラはそんな村山等安のカステラづくりの伝説と情熱を今によみがえらせたいという気持ちで「長崎カステラ糖庵」というブランドを立ち上げました。
歴史豊かな風情の残る長崎の地で、本場の名に恥じないカステラをつくりのため日々情熱を傾けています。
大切な方へ献上する贈り物としてふさわしい味とまごころを込めた長崎カステラ糖庵をぜひ一度ご賞味ください。

糖庵コンセプト

手焼きにこだわる製法

手焼き

シンプルな素材を活かすのも長崎カステラ歴代職人の技。
職人が肌で感じる昔ながらの製法で
毎日手焼きしています。

手焼き職人の技

長崎カステラ糖庵のカステラを焼き上げる技を身につけるには、熟練した職人の指導を受けながら技を継承していくので、一人で焼けるようになるまで、長い期間を要します。厳選されたこだわりの素材を、糖庵独自の配合でまぜあわせます。生地を流し込んだ時のへらを使った「泡きり」が焼きあがり善し悪しを左右します。手焼きにこだわりをもつ糖庵の職人は、一つの釜をひとりの職人が焼き上げまで責任をもつので、焼き上がりの瞬間までは釜の前を離れません。その日の気温や湿度に応じて火加減を調節し、釜の中のカステラに全神経を集中しながら焼いていきます。焼き上げ後は一晩じっくり寝かせることで、よりしっとりとした長崎カステラ特有の食感が生まれます。職人技により丁寧に焼き上げた糖庵のカステラを本場長崎より自信を持ってお届します。

職人手焼き

上品な和三盆糖を使用
定番よりワンランク上の
特選和三盆カステラ

和三盆

定番のカステラよりワンランク上の
特選和三盆カステラ

職人手焼きで焼き上げた
ワンランク上のカステラ

長﨑カステラの製法を受け継ぎ
職人手焼きの製法で焼き上げたワンランク上の
カステラ。特撰和三盆カステラは、
和三盆糖の上品な甘さと長崎カステラ特有の
しっとり感がお楽しみいただけます。

商品詳細